料理教室の写真って、難しいですね。いつまでたってもうまくならない。
この写真見て、楽しそう、って思ってくれる人いるかな。
声をお届けできるといいのですが…。

14日、無事9月のバリアフリークッキングMature@高井戸終了しました。...
参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

障害の方には実習に参加していただくだけでなく、準備も一緒に行う今期の試み、2回目にしてだいぶスムーズになってきました。
細かい反省点はまた沢山出てくると思いますが、これがまたちょっと楽しみなくらい障害の方から出てくるんですね
で、今回も反省会が楽しみ、って少々おかしなことになっていますが、
とにかく期待しています。

次回のバリアフリークッキングは11月23日、11月10日に行う大根掘りと連動させて、大根1本をステーキからデザートまで使いきるメニューの予定ですので、お楽しみに!

12/21 爽やかランチの会@高円寺

 

早いもので、今回が今年最後、

講師は初登場、フードコーディネーターの高澤由江さんです。

「この時期は、毎年クリスマス料理かおせち料理でしょ。

来客も多い時期ですから、色々応用のきくおもてなし料理なんて、どうでしょ」という、もっともなご提案を頂きました。

 

メインはフリーザーパックを使ったローストポーク。

信じられないくらい柔らかく仕上がります。

 

参加者はベテラン主婦ばかりですが新しい調理法のすご技に納得、

「いやあ、ビックリ」って、うなって頂きました(笑)

 

下ごしらえに新メンバーも加わり、だいぶ楽になりました。

このまま新年も、快調にスタートにしたい!です。

 

11/30爽やかランチの会@高円寺

 

コミュニティキッチンとして荻窪で開催しているのが、マチュアランチサロン。

これに対して高円寺では、爽やかランチの会。毎月1回開催しています。

今回の講師はタカさん。人気です。

 

ベテラン主婦の集まりですから、料理のノウハウをどうたら、という場ではなく、

「あら、こんな料理法もあったのね」と、熟練の技とは違う発見をして頂きます。

料理法って、時代により変わっていきますからね。今更ながら、発見があるようです。

なかには「この年齢になって、料理教室で勉強するなんてエライではないか」とご主人に褒められたという70代の方もいらっしゃいます。

そんなお話を聞くと、チョット感動します。そうした会話がある高齢のご夫婦って、素敵ですよね。目指そう、なんて気になります。

調理楽しんで、おしゃべりもして、いいお話聞いて、「また来月ネ~」と言ってわかれます。

コレがまさに、コミュニティキッチンなんだなあ。来月も楽しみ!

 

11/25杉並の畑で、大根掘りしよう!

 

毎年恒例、杉並井草の三幸園で大根掘りです。

畑探検に収穫体験と、大根料理の紹介、大根で青空実験、大根がんばった賞の授与式と、結構盛沢山。

今年は虫メガネをプレゼントして畑探検を有意義!なものにして頂きましたが、農家さんも虫メガネで害虫を探しながら作業をしているんですね。今回初めて知りました。

畑の大根はあおくびです。これは比較的抜きやすい、と言いますが三幸園さんの大根が立派すぎるのか、そう簡単には抜けません。「う~~~とこ、しょっ」くらいの掛け声があちこちから聞こえてきました。最高はナント3.4kg!これをゲットしたお子さんには後ほどがんばった賞とご褒美のネギを授与しました。ネギをもらった子の反応は微妙でしたが…(^^;)

大根を使った大根みつは、水で薄めて畑で飲みます。

これは昨年からエビヌマさんの提案で開始。すごく好評です。

そして恒例の大根を使った水あめ作りのハカセ・トオヤマさんの登場。水アメのできはプロの域に達してます。売れるな、コレ。

この大根掘りは、毎年楽しくてスタッフとしてもすごく楽しみなイベント。

来年も農家さんの協力を得て、できることを期待してます。

11月Birthday Cake

 

今年は娘のバースデイケーキを、STYLE-Kの青沼さんにお願いしました。

マカロンがお得意の青沼さんのHPを見ると、ちょっとドキドキするくらい素敵なアレンジがいっぱい。

「いいオトナですが、かわいいのをお願いします」と注文してできたのがコレ。

マカロンはテディベアでかわいさ抜群で甘すぎず、クリームも口当たりなめらかでスポンジはしっとり、娘ともども幸せな気分になってちょっと気取って撮ってみました。

イケメン青沼さんに「急ブレーキかけずに、お持ち帰り下さいね」って、ニッコリ言われて緊張して持ちかえって、よかった。

2月には青沼さんを講師に迎えて、西荻でバレンタインのケーキ作りします。

ハープ奏者も来て、マカロンの歌を演奏してくれる予定。お知らせしますね。お楽しみに!

 

11/18すぎなみ地域福祉フォーラム

”家族で作ろう!杉並産野菜を、化学変化でドキドキのおやつにしよう!”


普段やっているコミュニティキッチンや収穫体験が、こんな形になりました、というご報告。

おもいがけない形になるものですね。

料理作りって、そもそも化学変化みたいなところありますけど、その中でも特に

「へ~、ちょっとビックリ」のレシピを選び、さらに杉並の畑で採れた野菜も使ってちょっと立体企画にして、家族で楽しんで頂こう、というのが今回の企画です。

で、何をしたかというと杉並産大根とじゃがいもを使って水あめ作り、オマケでポップコーンとカッテージチーズ作り、しました。

水アメの意外性は、毎年の収穫体験でも畑の真ん中で青空実験をして実証済みですが、ポップコーンは透明鍋で作るのがミソ。トウモロコシがはじけ出すとズズ~ッと子ども達の顔が鍋に近くなって歓声が上がります。

チーズは信じられないくらい簡単で、「これヨクナイ」の若いお母さん発言ににんまり。

”料理”に”実験””子ども”、そして”お父さん”も加わると、かっなり楽しくなりますね。

これからはジ~ジやバ~バもどんどん誘いたいです。楽しいですからね。

11/12 車椅子のダンスパーティ見学  昨年杉並障害者会館でユニークダンスを見て以来、少しはまっています。で、今回は本格的にダンスに取り組んでいるオカザキさんにご紹介頂いて、行ってきました!ご覧の通り衣装も本格的ですが、実は値段を聞いてちょっとビックリしました。そういう値段には見えません。とっても素敵。それにしてもダンスって、スポーツなんですね。腹筋や背筋が鍛えられていないと、あのポーズは絶対できない、ということがよくわかりました。その辺から鍛えないと、とても私が飛びこめる世界ではなさそうです。

11/12 車椅子のダンスパーティ見学  

昨年杉並障害者会館でユニークダンスを見て以来、少しはまっています。

で、今回は本格的にダンスに取り組んでいるオカザキさんにご紹介頂いて、行ってきました!

ご覧の通り衣装も本格的ですが、実は値段を聞いてちょっとビックリしました。そういう値段には見えません。とっても素敵。

それにしてもダンスって、スポーツなんですね。腹筋や背筋が鍛えられていないと、あのポーズは絶対できない、ということがよくわかりました。その辺から鍛えないと、とても私が飛びこめる世界ではなさそうです。

 

クリスマスのパン・シュトーレンを作ろう!昨年度から始めた障害者と楽しむ料理教室。今期はバリアフリークッキングという名前で高井戸デビュー!区民センターを使って開催してます。ここの料理室はとっても便利。高齢者や障害者を配慮して、実習台が低くできているんですね。それなら水周りも低くしてよ、とつっこみどころはソレナリにありますが、試みの料理室として改善も期待できる雰囲気がいい。他の高齢者のクラスで実習の最後には疲れてしまう方がいることを思うと、全ての区民センターにこうした配慮があるといいのに、とつくづく思う訳です

11/9 バリアフリークッキング   

~クリスマスのパン・シュトーレンを作ろう!~

 

昨年度から始めた障害者と楽しむ料理教室。今期はバリアフリークッキングという名前で高井戸デビュー!区民センターを使って開催してます。ここの料理室はとっても便利。高齢者や障害者を配慮して、実習台が低くできているんですね。それなら水周りも低くしてよ、とつっこみどころはソレナリにありますが、試みの料理室として改善も期待できる雰囲気がいい。他の高齢者のクラスで実習の最後には疲れてしまう方がいることを思うと、全ての区民センターにこうした配慮があるといいのに、とつくづく思う訳です。

来月はクリスマスですので、ドイツのクリスマスパン・シュトーレンにみんなで挑戦しました。もう一つのふっくら白パンは「絶対売れる!」の自信の仕上がり。作りだしたときの「我ながら、ヘタね」の言葉はどこへやらです(^^;)

今回は初めて精神書障害の家族会の方が参加して下さいました。この場が様々な障害を持つ方との情報交換の場、さらにお互いを知る機会になるといいな、と思っています。